査定額ってどんなポイントで決定される?

車査定で気になるのは、どのようなところを見られているのか、と、いうことです。

高額査定を狙うのであれば、ポイントを押さえた車査定を行いたいものです。車査定のときには、車の外装や内装、走行距離や定期点検整備記録簿などをチェックされます。

車の外装では、ボディカラーやキズ、汚れなどを見られます。ボディカラーについては人気のある色であるほど査定額は高くなります。

ボディの凹みや傷、汚れなども見られます。また、鍵の差込口などの細かな傷もチェックされます。しかし、傷や凹みを見られるといっても、そこを修理しても、修理費用ほど査定額が上がるわけではありません。

かえって損をしてしまうことがありますので、自分で対応できる範囲で綺麗にしておくと良いです。

どのように車が扱われていたのか、傷などで判断することが出来ますので、そのときだけ対応するのではなく、普段から注意しておくことのほうが重要です。

直前に出来ることといえば洗車や掃除などになりますので、内装や外装を綺麗にしておきましょう。内装については、ニオイも消臭剤などを使って取っておくとよいです。シートやフロアマットなどを綺麗にすることはもちろん、トランクについても忘れずに綺麗にするのがポイントです。走行距離については少ないほうがポイントが高いです。

しかし、極端に少ない場合にはプラスの査定にならない可能性もあります。エンジンなどはある程度動かしておかないと調子が悪くなるからです。

走行距離については少ないほうが有利ですが、極端に少ないときにはプラス査定になるとは限らないことを覚えておくとよいです。車の書類についても重要視されますので必要な書類は査定のときに揃えておくようにしましょう。

なかでも定期点検整備記録簿は大切です。また、取扱説明書なども大切です。純正部品や書類など、なるべく購入時に近い状態に揃えておくほうがポイントは高くなります。