洗車してから査定をした方が良い?

車査定を行ってもらう時に洗車して車を綺麗にしておいた方が良いのは間違いありません。

車の外観を綺麗にしておくだけでなく、内装も掃除して臭いがあれば消して換気しておくのが望ましいです。
車査定では少しでも業者に印象を良くして査定価格を上げてもらうのがポイントになります、そこで車が汚れた状態のまま車査定に出してしまうと、かなり低評価で印象を悪くしてしまう事もあります。

逆に言えば綺麗に車をしておくと、車の扱いが良いと見なされて好印象を与えてプラス査定の評価に繋がるので、現物の査定を行ってもらう時に洗車しておくのはマナーでもあり高値売却の戦略にもなります。

車査定は複数業者に見積もりをとって、少しでも高く評価してくれる業者を探すようにします、この査定価格は土台になってそこから値段は上下する事になりますから、業者によって違う土台価格は必ずチェックしておくのが望ましいです。

土台の価格が低い業者になると、洗車によって印象が上がっても、そもそもの土台が低いの安値買取になってしまいます、そうなるとドロドロに汚れた状態出しても土台価格が高く提示してくれる業者なら、そちらの方が高値で買い取ってくれます。

ですからまずは業者を選ぶ事に力を注いで、土台の相場価格を高く提示してくれる業者探しを行い、その上で洗車をきっちりと行って現物査定に備えるという流れを取ると、高い評価を出してもらえて、高値での売却に成功する事にもなります。

車売るなら