車売却時に必要な書類

車売却時に悩みがちな事の1つに、どういった書類を揃えておいたら良いかわからないという事があります。
車売る時に必要な書類は車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、印鑑証明書です。

車検証とは車が車検に通った時にそれを証明するために発行される書類です。常に車に乗せておかなくてはいけないものです。自動車税納税証明書は毎年5月に納める自動車税の納税証明書で、車検を受ける時には必ず必要になります。

自賠責保険証は自動車を運転する人なら必ず加入する必要がある保険の事で、車検を受ける時に毎回更新されています。印鑑証明は住んでいる市町村の窓口で発行してもらうことが出来、車売る場合には3ヶ月以内に発行されたものが必要になります。

これらの書類を紛失した場合には、車検証は運輸支局で再発行してもらうことができます。納税証明書は普通自動車の場合には都道府県の税務署、軽自動車の場合には市役所や区役所で再発行してもらえます。自賠責保険証は加入している保険会社に問い合わせると発行してもらえます。

また自動車リサイクル料金を預託している場合にはリサイクル券も必要です。リサイクル券を紛失した場合には自動車リサイクルのホームページでプリントアウトできるようになっています。

車の売却時にはこれらの書類の他に実印が必要となります。
また車の買取店で車売る場合には委任状や譲渡証明書が必要です。これらは売却時に買取店の方で用意している書類で、委任状は売却する車の名義変更などの手続きを委任する為のものです。

譲渡証明書は車を譲渡したという事を証明するための書類です。車検証の住所と印鑑証明に記載されている住所が別の場合には住民票が必要となります。