自動車買取のコツ:車査定の流れ

自動車買取を利用する時には当然自動車査定を受けることになるのですが、一度も売却をしたことの無い人の場合その流れというものがわからないものですよね。

自動車を売買するとなると、大きな金額が動くことになるだけにその流れがわからないと少し不安になってしまうものです。
そこで、自動車買取を利用する際の自動車査定の流れというのはまず最初に自動車査定をしてもらう業者を選ぶところから始まります。

当然、査定を受けるには直接見に来てもらうなりあるいは持ち込むなりしなければならないため、とにかく業者を選んで査定を受ける場所を決める必要があるのです。

最近ではインターネットから一括で査定の申込みをすることができるようになっているので、このようなサービスを利用することで効率よく査定を受けることができます。

次に実車査定ですが、これは自動車全体の簡単なチェックで査定額がでる仕組みになってて、時間としておおよそ20-30分程度かかります。
そして、査定が終わるとすぐに査定額がでると思っている人もいるかもしれませんが、実は自動車買取というのはここからが交渉のスタートなのです。
実際にどこの業者であっても、この時点でズバッと金額を告げてくると言うことはほとんど無く最初に希望額がいくらぐらいかの探りを入れてきます。

それによって相手もどのぐらいの金額で、買取をすることができるのだろうかと考えているため、このときに安易に答えてはならないのです。
下手に安い金額を告げてしまうとそれが天井となってしまい、相手が悩んだ振りをして安く買取してしまうということもあるためです。

そのため、はっきりとした金額は告げずにできるだけ高くといった感じで相手のほうから、金額を提示してくるのを待つのが重要です。
その金額がでてから、初めて交渉がスタートすると考えておくと良いでしょう。